中高年が気をつけるべき頚椎椎間板ヘルニア|副作用が少ない免疫療法

ドクター

先天的な脳の病

診断

脳に現れる先天的な病状として、脳動静脈奇形が挙げられます。動脈と静脈が一体化しているので、たくさんの血液が一箇所に集まるようになる病気です。脳出血のリスクが非常に高いので、検査でこの病が見つかった場合はすみやかに治療しましょう。

More...

神経を圧迫する病

病院

悪化する前に

加齢と共に、体の各所にコリや痛みなどが頻繁に現れるものです。多くの人は年だからと諦めるものですが、体に現れる不調は病気による初期症状の可能性があるため、注意が必要となります。30代以降、特に中高年に多く見られる病といえば、頸椎椎間板ヘルニアが挙げられます。首の骨である頸椎の一部が変形してしまうことで現れる病であり、放置すると重大な症状が現れます。頸椎や腰椎などの背骨では、椎間板と呼ばれる軟骨がクッションのように骨同士の負担を吸収しています。頸椎椎間板ヘルニアでは、頸椎の変形によって椎間板が飛び出してしまい、首の神経を圧迫することで発症します。初期症状では首の強い痛みなどが現れますが、症状が深刻になるにつれ、神経の圧迫によって体の麻痺が現れるようになるのです。手足の指先の麻痺で細かい作業ができなくなることや、歩行障害によって段差の登り降りができなくなるなどの症状が現れるため、注意が必要です。首の痛みに伴い、体に痺れが現れるようならば、すぐに整形外科や神経外科などで検査をうけましょう。

治療方法

頸椎椎間板ヘルニアの治療方法は、手術療法と保存療法の二つがあります。手術療法では、飛び出した椎間板を削ることや、頸椎の内径を広げることで神経の圧迫を和らげる治療法が用いられます。保存療法では、コルセットを巻いて正しい姿勢で生活することで、徐々に神経への圧迫を減らし症状を軽減させる治療法となります。頸椎椎間板ヘルニアは高齢者が発症することもあるので、体力的に手術による治療法行なえない場合、保存療法が選択されます。最近ではレーザーを用いた治療法も注目を集めています。レーザーファイバーが含まれた針を刺して、椎間板にレーザーを照射することで椎間板を縮小させる方法です。切開せずに済むため患者さんへの負担も少ないので、初期の椎間板ヘルニア治療でこの方法が多く用いられます。

第四の治療法

診察室

免疫療法は、手術療法や放射線療法、薬物療法などに加わる第四の治療法として注目されています。手術療法や放射線療法などに比べ患者さんへの負担が少なく、ほかの治療法と併用することができるので、ガン治療の効果をより高めることができるでしょう。

More...

特異的にガンを攻撃する

診断

通常の免疫療法よりも高い効果があるとして、注目されているのが樹状細胞療法です。免疫細胞へ指令を送る細胞にガン細胞の抗原を与えることで、特異的にガン細胞を攻撃させられます。樹状細胞を直接ガン細胞に注射する局所ワクチン療法や、人工抗原を使った治療法などの種類を選べます。

More...