先天的な脳の病|中高年が気をつけるべき頚椎椎間板ヘルニア|副作用が少ない免疫療法

中高年が気をつけるべき頚椎椎間板ヘルニア|副作用が少ない免疫療法

看護師

先天的な脳の病

診断

検査しよう

脳に現れる先天的な病の中に、脳動静脈奇形と呼ばれる病状があります。胎児が成長するに従い、体の構造や血管はきちんと分化、発達するものですが、脳動静脈奇形は動脈と静脈がうまく分化できずに発症してしまいます。動脈と静脈が一つに繋がった状態となるため、たくさんの血液が一箇所に集まることになります。この血管は脳内の高い圧力に加え、大量の血流が流れることでの圧力も強いので、非常に破れやすくなります。くも膜下出血や脳出血が起こるリスクが高く、脳出血による言語障害や感覚障害、体の麻痺などの重篤な後遺症が残される可能性も高いのです。自覚症状として慢性的な頭痛、さらにはてんかんの症状が現れるとされているので、子供にこうした症状が頻繁に現れるようならば、検査を行なう必要があります。頭部CTやMRI検査によってすぐに判別ができるので、気になる症状が見られればすぐに検査を行ないましょう。

治療方法

脳動静脈奇形は、脳神経外科や神経内科に受診することで、検査や治療を行ってくれます。一般的な治療法では、異常の起きた血管の摘出手術が挙げられます。ほかの脳細胞を傷つけず、問題のある血管のみを摘出してくれます。摘出が困難な部位に脳動静脈奇形が現れた場合、ガンマナイフを使っての治療を行ないます。このガンマナイフとは、放射線を使って腫瘍などの病巣を破壊する治療法です。脳動静脈奇形に用いれば、ほかの脳の部位を傷つけず異常な動静脈を閉塞させ、脳出血のリスクを低減させられます。近年行なう病院が増えている手術法といえば、カテーテルによる塞栓術です。動脈から細いカテーテルを入れ、カテーテルから動静脈を塞栓する薬剤を注入することで、大きくなった動静脈を小さくすることができます。患者さんへのリスクが低いため、多くの人がこの方法で治療を行なっています。