特異的にガンを攻撃する|中高年が気をつけるべき頚椎椎間板ヘルニア|副作用が少ない免疫療法

中高年が気をつけるべき頚椎椎間板ヘルニア|副作用が少ない免疫療法

看護師

特異的にガンを攻撃する

診断

ガンを治すには

免疫療法では、主に単体でもガン細胞を攻撃できるNK細胞を培養する方法が主流です。患者さんから取り出したNK細胞を培養し、再び体に投与することで、体の免疫力を大きく向上させられるのです。しかしこの治療法はいわゆる「数撃ちゃ当たる」といった治療法であるため、ガン細胞へ集中的に治療効果を与えられないのがネックとなります。最近の研究で、ガン細胞は免疫細胞に結合し、免疫細胞に正常な細胞であると思い込ませることができるとされています。NK細胞を増やしたとしても、きちんと認識させることができない場合もあるので、問題となるのです。そこで最近では、ガン細胞の目印である抗原を覚えさせ、免疫細胞に集中して攻撃させられる樹状細胞療法が注目されています。樹状細胞とは多くの免疫細胞に指示を送る、いわゆる司令官のような働きをする免疫細胞です。この樹状細胞を患者さんの体から採取し、同じく患者さんから摂取したガン細胞の抗原を与えることで、ガン細胞を覚えさせることができます。ガン細胞をしっかりと認識し攻撃させられる特異性の高さが、この樹状細胞療法の最大の特長です。

効果が得られる

樹状細胞療法にはそれぞれ種類があります。症状によって行なえる方法も変わってくるので、樹状細胞療法を行なう際にはきちんと把握しておきましょう。ガン細胞の抗原を取り込ませ、体に注入する方法が一般的な樹状細胞療法です。この方法よりもダイレクトな効果が得られるのが、局所樹状細胞ワクチン療法です。培養した樹状細胞をガン細胞へ直接注射できるので、治療効果が早く現れます。ガン細胞が治療困難な場所にできている場合、抗原を取り出すことも難しい場合があります。そういった人に行なえる樹状細胞療法として、人工抗原を使った治療があります。人工的に化合したガン細胞の抗原を取り込ませ、投与することで、体の免疫細胞がガン細胞に過敏に反応するようになるのです。樹状細胞療法を行なう会社に依頼し、自分の体の状態に合わせた治療法を行なってもらいましょう。